Share on Facebook
LINEで送る

議会質問

世田谷区議会 動画映像

世田谷区議会議会中継システムにて過去一年分の動画映像が公開されています。よろしければ御覧ください。

2016年

2016年10月4日 決算特別委員会

【区民生活所管分質疑】

  • 観光協会設立について
    1. 地域経済活性化を支える大きな柱として、観光が最重要のファクター。観光をALL世田谷の政策の柱に据えるべき。これまでの実績と成果が上がらない「まちなか観光協議会」の再編強化では、評論や懇談中心で発言に責任のない組織体では全く説得力がない。組織強化の全貌を明らかにすべき。誰がリーダーで、どのような観光政策を掲げて、期間や目標、さらにどのような成果指標で、評価や検証を行うのか、明確に示すべき。
    2. 改めて独立した「観光協会」の設立を求める。
  • 男女共同参画センター「らぷらす」について
    1. 産業振興公社とらぷらすの事業が重複している。差別化されているのか。統合する必要性があると考える。
    2. そもそも区の委託事業については、改めて利用者や事業者の状況を再確認し、適時、改善や見直す必要性があると考える。
    3. 事業の成果指標を明確にせよ。市民活動団体の活動場所を単に税金で提供しているだけでは認められない。
  • 環境影響評価制度について
    1. 法の運用を根幹とし、法制度で対象にならない中小規模の事業や、全く別の事業に関して、自治体が地域の実情を踏まえながら条例で対象とする仕組みとなる自治体独自の法対象外における環境アセスメントの制度設計こそが重要。

2016年9月29日 決算特別委員会

【一般質問】

  • 都立芦花公園内の保育園予定地の土壌問題について
    1. 昨日プレス発表のあった国家戦略特区を活用した都立芦花公園内の土地が、一部大量のゴミなどによる土壌汚染が発覚したとのこと。区は8月上旬に報告をうけておきながら、何故今になっての公表や対応なのか。
    2. 区長としてこの問題ついて今後、都に対してどう対峙していくのか、区長のリーダシップを求める。
  • 世田谷区建築物の建築に係る住環境の整備に関する条例の強化について
    1. 1住戸の居室面積が極端に狭いワンルームマンション建築物や長屋形式のシェアハウスが区内で増え始めている。区内におけるシェアハウス及び狭小ワンルームなど実態把握は?
    2. 良好な住環境を維持していくには一定の規制が不可欠。不特定多数の要素が近隣への不安へとつながる。区内の良好な住環境の実情に沿った住環境整備条例項目の改善及び強化を求める。
  • 新三軒茶屋分庁舎について
    1. 新三軒茶屋分庁舎への移転については、世田谷総合支所が断念へ。その理由は?
    2. NTTとの契約内容はどうなっているのか?さらに現分庁舎の耐用年数などにより移転をまず最優先すべきなのか?
    3. 区公共施設等総合管理計画との整合性は?いくつかの組織体で重複する機能も見受けられる。新三軒茶屋分庁舎へ機能を統合した形で検討すべきでは?

2016年6月15日 区議会第2回定例会

【一般質問】

  • 障害者の通所移動支援について
    1. 区の要綱に規定されている利用条件を地域社会の変化に合わせて、柔軟な運用へと改善を求める。
  • 高齢者への起業支援について
    1. このたび厚生労働省が創設した「生涯現役起業支援助成金」をどう活用していくのか。
    2. 産業政策として、高齢者の起業に特化した「起業塾」や専門過程を設けるなど、仕事は探す、から仕事を生み出す、へ政策の発想を転換せよ。
  • 水環境がもたらす災害にどう向き合うのか
    1. 雨水流出抑制へ都に任せるだけでなく、区の主体性をもった関係機関との連携を強めよ。
    2. 雨水利活用条例の制定へ向け議論をスタートさせよ。
    3. 大規模水害に備え、タイムライン(事前防災行動計画)の策定に踏み出せ。

2016年3月9日 予算特別委員会

【総括質疑】

  • 今年度の入園申し込み状況と待機児童の見込みをどう捉えているのか。
  • 新制度導入より1年、認可園を促進する成果を問う。
  • 小規模保育事業の整備が進まない現状を問う。
  • 用途転換する区立認定子ども園の新規保育枠募集が何故4歳からなのか。3歳児からの整備に着手せよ。
  • 認証保育所へ認可園同等の支援策を早急に講じるべき。
  • 3歳から5歳枠の保育定員拡充策として、認証保育所や区立保育園の3歳以上枠への特化を検討せよ。

【企画総務所管分質疑】

  • 本庁舎等整備について
    1. 本庁舎については区長の迷走が影響し、いつまで経っても決断できない状況が続いており、一向に整備に着手できない状況を改善せよ。
  • 官民協働による新たな公共サービスについて
    1. 自治体と民間企業との人事交流を再開することを求め、民間活力やノウハウなどは人事交流による一定期間での共働が重要。意識啓発こそが新たな公共サービスのあり方へと展開すると考える。
2015年

2015年11月25日 第4回定例会

【一般質問】

  • ◇官民連携での公共サービスの展開について
    1. 重要なのはいかなる状況であろうとも財政問題をクリアにできる持続的な自治体経営ができるかどうかである。 PPP(公民連携)若しくはPFI(民間資金調達)などの手法による公共と民間の協働事業をどう展開できるか。 公的住宅や地域コミュニティもコンビニエンスストアとの複合も可能。
  • ◇「道の駅」「まちの駅」構想について
    1. 地域活性化の起爆剤として、コンビニ併設、地元特産品の販売、外国人対応となる観光拠点、周遊コミュニティバスの循環、避難施設として防災倉庫、自家発電設備、電気や水素自動車の充電スタンドなど様々な要素を盛り込むことができる。 2020年目指して、世田谷の地域特性を生かした機能と配置基準を定め、具体的な検討に着手すべき。
  • ◇介護業界の懸念について
    1. 近年、ハコモノ優先、人手不足による介護事業所の倒産増が顕で、2015年1月~8月 前年期比5割増。その過程に介護サービスの質の低下や虐待への潜在となっているのでは・・・。そうした背景を踏まえると、区内における介護分野は社会福祉事業団の自立が不可欠と考える。

2015年10月16日 決算特別員会

【補充質疑】

  • ◇建設産業の再生と発展について
    1. 区内産業の4本目の柱に「建設業」を据えるべき。
    2. 産業ビジョンに示すとともに専属所管を設置せよ。
  • ◇観光政策について
    1. オリジナルナンバープレートへのキャラクター著作権の交渉状況を伺う。
    2. 観光協会の設立を求める。
    3. (公財)産業振興公社の事業統合や運営形態のあり方検討状況を伺う。

2015年10月14日 決算特別員会

【文教委員会所管分質疑】

  • ◇学校施設における木材の利用促進について
    1. 2010年に法整備された公共施設における木材(国産材)活用について学校施設から木質化、木造化を推進せよ。
  • ◇教職員の人事権移譲について
    1. 平成29年4月には指定都市に移譲される人事権について特別区における権限へと決断すべき。
    2. 特に特別支援学校の教職員人事権を確保せよ。
  • ◇高等支援学校の整備について
    1. 障害をもつ生徒への社会的自立、一般就労を目的した作業学習に特化した高等支援学校整備を目指せ。

2015年10月7日 決算特別員会

【区民生活委員会所管分質疑】

  • ◇エネルギー政策について
    1. <エネルギー転換>
      1. 世田谷区における自然・再生エネルギー転換へ向け、民間事業者との協働によって具現化できる方策を仕掛けるべき。
      2. 水道水発電など日常生活においてムダに捨てている資源を活用すべき。
    2. <エネルギー軽減>
      1. 環境配慮制度として、民間事業者へ自治体版CASBEEの試行導入におけるインセンティブを高めよ。
  • ◇地方自治体による海外展開支援について
    1. 自治体独自による海外諸都市との国際交流、国際貢献、人材交流などを促進せよ。
    2. 総合戦略プロデュース組織に国際協力室のような機能を据えるべき。

2015年9月16日 第3回定例会

【代表質問】

  • ◇オリンピック・パラリンピックへ向けての機運どう生かすのか
    1. 総合戦略プロデュース組織を立ち上げよ。
  • ◇本庁舎等整備基本構想の検討状況について
    1. 全面改築で災害対策機能の強化と区民サービスの集約を図れ。
  • ◇区立図書館及び学校図書館について
    1. 29年度中に実質的な民間委託のモデル実証となる館を選定せよ。
  • ◇保育待機児対策の動きについて
    1. 待機児手当の支給を決断せよ。
  • ◇空き家等対策の推進について
    1. 「ごみ屋敷」に対する地区における福祉的支援体制を整えよ。
  • ◇地域行政制度について
    1. 総合支所の権限強化をすすめよ。
  • ◇児童虐待について
    1. 産後ケアネットワークの構築を目指せ。
  • ◇エネルギー転換への政策について
    1. 区民と協働で取り組む代替エネルギー政策を講じ、原発依存から脱却せよ。
  • ◇健康寿命の延伸への方策について
    1. エコ&ヘルス政策を立案せよ。
  • ◇医療的ケアを必要とする子どもとその家族の支援について
    1. 在宅支援の仕組みづくりを進めよ。
  • ◇防災性・区民生活向上の観点からまちづくりの推進について
    1. 道路整備のスピードアップを図れ。

2015年3月18日 予算特別委員会

【都市整備委員会所管質疑】

  • ◇省エネ住宅ポイント制度と環境配慮型リノベーションについて
    1. 国が復活した「省エネ住宅ポイント制度についての区内産業への効果の見通しを問う。
    2. 区の環境配慮型リノベーション事業とのマッチングが期待できるが、その考えを問う。
    3. この機会を生かし、区の環境配慮型リノベーション事業の拡充を求める。
    4. 両制度を扱う事業者への説明会など周知を徹底せよ。
  • ◇電線地中化について
    1. 区内における電線地中化の進捗状況及び整備基準を示せ。
    2. 低コスト化が検討されているが、その手法内容と具体的な基準を示せ。
    3. 新基準によって整備のスピードアップが図れるのか。
  • ◇環八における歩道橋のバリアフリー化について
    1. 環八における歩道橋のバリアフリー化に進展がない。都との協議状況を述べよ。
    2. バリアフリー新法施行によって、区における道路の移動円滑化の基準を定めているのか。
    3. 屋外エレベーターや横断歩道の設置など、速やかなバリアフリー化へ取り組め。

2015年3月16日 予算特別委員会

【福祉保健委員会所管質疑】

  • ◇第2の産後ケアセンターへの整備について
    1. 国家戦略特区の指定を活用した「子ども・子育て応援特区」施設整備に係る規制改革等への一歩が踏み出せた。
      1. 第2の産後ケアセンターの実現へ向けて執念をもって取り組むことを求める。
  • ◇障害者の就労ネットワークの確立について
    1. 平成30年度、改正障害者雇用促進法が施行。新たに精神障害者(発達障害者含む)雇用義務対象となる。
      1. 今般、世田谷区がチャレンジ雇用の取り組みを拡充へ。雇用の質と定着率の向上へどう取り組みのか?
      2. 3月に「ゆに:UNI」発達障害者就労支援センターが開設。既存の「しごとねっと」と「すきっぷ就労相談室」とのネットワークをどう展開し、多面的な雇用促進や定着支援につなげていくのか?
      3. 民間における障害者支援ビジネスに取り組む社会起業家を側面的に支援し、就労ネットワークに組み入れるなど手法を検討すべき。
      4. 障害者自身の起業支援も視野に入れて、安定的に仕事の確保へバックアップ体制を整えるべき。
  • ◇健康診断の基準緩和について
    1. 昨年4月、日本人間ドック学会と健康保険組合連合会が新しい基準案を公表。
      1. 旧基準と新基準とのつなぎ目が重要。受診者が混乱しないよう、今後、区民への周知や医療機関などへの丁寧な説明を求める。
  • ◇コンビニ健診の推進について
    1. 全国でいくつかの自治体でコンビニエンスストアと提携し、住民が買い物ついでに近所のコンビニで健康診断を受けれる取り組みが進められている。
      1. 「がん検診」受診機会の拡充や公共施設における併設に伴う公益性を視野に入れた施策を検討すべき。

2015年3月10日 予算特別委員会

【総括質疑】

  • ◇自治体間連携について
    1. 災害時のみならず、平時における自治体間連携を深め、多面的に連携行政サービスを展開するよう求めました。また、日本版CCRC(高齢者共同体)の本格導入へ国が検討を始めたのを受け、世田谷区における研究をはじめるよう促しました。
  • ◇都市農業特区の指定について
    1. このたび東京都が提案して経緯を踏まえ、これまで世田谷区が手を出せなかった規制についての緩和措置が適用される画期的な機会をどう生かせるのかを問いました。
  • ◇新たな公共施設の在り方について
    1. 公共施設におけるコンビニ併設を視野に入れた公民連携サービスへの転換を求めました。
  • ◇火葬場の整備について
    1. 2039年をピークとなる「多死社会」の到来に備え、自区内における火葬場整備の必要性を検討するよう求めました。

2015年2月24日 第1回定例会

【代表質問】

  • ◇区長のリーダーシップとしての資質について
  • ◇就学前待機児問題について
    1. 保育園待機児対策
    2. 幼稚園待機児対策
  • ◇大介護時代にどう立ち向かうのか
    1. 地域からの孤立・孤独ゼロへ
    2. 介護離職ゼロへ
    3. 地域で見守る認知症対策について
    4. 介護人材の確保と育成策について
    5. 健康な高齢者への恩恵策について
  • ◇公共施設の新たな再整備手法について
  • ◇世田谷のセールスについて
  • ◇迷惑空き家等対策の今後について
  • ◇環境配慮に向けた政策について
  • ◇火葬場の整備について
  • ◇今後のがん対策の取り組みについて
  • ◇公共交通機関の安全対策について
  • ◇図書館改革について
  • ◇新たな公会計制度について

2015年3月11日 予算特別委員会

【総括質疑】

  • ◇新たな公共施設の在り方について
  • ◇火葬場の整備について
  • ◇自治体間連携について
  • ◇都市農業特区の指定について

2015年3月16日 予算特別委員会

【福祉保健所管分】

  • ◇第2の産後ケアセンターの整備について
  • ◇障害者の就労ネットワークの確立について
  • ◇コンビニ健診の推進について

2015年3月18日 予算特別委員会

【都市整備所管分】

  • ◇省エネ住宅ポイント制度と環境配慮型リノベーションについて
  • ◇電線地中化の進捗について
  • ◇環八における歩道橋へのエレベーター設置について
2014年

2014年11月26日 第4回定例会

【一般質問】

  • 路地上敷地における重層長屋について
    1. 世田谷区建築物の建築に係る住環境の整備に関する条例の強化を求める。
    2. 緑化制度の強化を求める。
    3. 地区計画への誘導による地域住民で地区特性に合ったまちづくりを推進すべき。
  • 障害者の就労ネットワークの構築について
    1. ジョブコーチの養成と各機関への配置をどう考えるのか。「東京ジョブコーチ職場定着支援事業」などを活用した展開を求める。
    2. 埼玉県教育委員会の例に倣い、区非常勤職員としての採用も視野にいれるべき。
    3. 知的、精神、発達障害、身体、それぞれにおける就労専門機関の存立を今後、どう考えていくのか。例えば、グループホームの新設に伴う衣食住での基盤整備が必要と考える。
  • 小水力発電の可能性について
    1. 「エネルギーの地産地消を担う柱のひとつ」として展望をまとめていくべき。
    2. 特に、マイクロ水力発電について、世田谷区の地域特性に合った再生可能エネルギーとして、その可能性を探るべきと考える。

2014年10月9日 決算特別委員会

【都市整備領域所管分】

  • 国家戦略特区の活用について
    1. 居住環境を含めた国際都市の形成、2020年東京オリンピック・パラリンピック開催の機会を見逃すことなく、活用せよ。
  • 雨水貯留浸透設備の整備について
    1. 異常気象発生が常態化しているなか、整備目標値に到達している地域(エリア)はあるのか、下水道整備と雨水貯留施設と両面についての対策を求める。
  • 低所得高齢者の住まいについて
    1. 「人生90年・100年時代」を前提にした社会資本整備、仕組みへの転換が必要。元気な高齢者が低廉な家賃で入居できる住まいの確保が喫緊の課題。UR賃貸住宅や民間企業などと協議体を設置し、既存ストックを活用した住まいの確保について具体的な検討に入るべき。

2014年9月30日 決算特別委員会

【総括質疑】

  • 公共施設の指定管理者制度における課題として目的外使用許可を認めよ。
  • 公立図書館改革について
    1. いつ公立図書館改革へ踏み出す決断をするのか。中央図書館改革から一歩を踏み出すべき。
  • 映像のまち・せたがやについて

2014年6月11日 区議会第2回定例会

【代表質問】

  • 今期の総仕上げについて
    1. 区長任期最終年をどう迎えるのか。
  • 本庁舎整備について
  • 地域包括ケアシステムの構築に向けて
  • 教育都市せたがやの構築に向けて
    1. 新教育センターの整備について
    2. 教職員の人事権について
    3. 新たな公立図書館について
  • 子ども・子育て新制度の移行について
  • 低所得高齢者の住まいの確保について
  • 外かく環状道路の東名以南について
  • 世田谷ナンバーについて
  • 環境エネルギー政策について
  • 公会計制度への取り組みについて
  • がん対策推進条例について
  • 不燃化特区について
  • 公契約条例制定に向けて

2014年3月6日 予算特別委員会

【区民生活委員会所管分】

  • 資源回収について
    1. 資源持ち去り対策への強化を求める。特に、古紙持ち去り根絶へ向けた新たな具体的行動を行使するべき。
    2. 資源ごみに対する所有権を明確にする措置を検討せよ。
  • 高齢者起業支援について
    1. シニア層の経済力を促進するため、就業から起業への転換を視野に入れたシニア創業の支援体制を強化すべき。
  • 花き産業支援について
    1. 区としての今後、花卉産業振興に伴う具体的な支援策へ新たな農業起業者への区独自の創業資金制度の創設、さらに小学校などへのフラワースクール促進など啓発を求める。
2013年

2013年11月28日 第4回定例会

【一般質問】

  • AR(拡張現実)技術の活用について
    1. 観光施策としてスマホで活用できるデジタル情報を表示するAR技術を導入せよ。
  • 買い物弱者支援について
    1. 近隣の区有地を活用し、日用品を購入できる青空市場を民間事業者と提携して開催せよ。
  • 契約後VEについて
    1. 入札契約後における事業者努力を促す契約後のVE制度を導入し、さらなる効率化を目指せ。
  • 舟運(しゅううん)について
    1. 災害時における輸送路や避難路として河川活用を活用した舟運事業を研究・検討せよ。

2013年10月15日 決算特別委員会

【補充質疑】

  • 区のエネルギー政策の指標について
    1. 区長自ら政策の柱として、区のエネルギー政策についての指標を示すべき。
  • 環境配慮型リノベーション助成制度について
    1. 本年4月よりスタートした制度の更なる促進を図れ。
  • 小規模型子育てステーションの拡充について
    1. フルスペック型ではなく、「あそび」「あずかり」機能に特化した小規模型子育てステーションを京王線・小田急線の連続立体化事業に合わせて整備せよ。
  • 新たな自治体間連携について
    1. 地方部の都市との連携による高齢者の区域外居住などを推進せよ。

2013年10月2日 決算特別委員会

【企画総務委員会所管分】

  • 公契約条例制定へ向けて
    1. 第三者委員会を設置せよ。
    2. 入札制度改革の同時進行を求める。
  • 公務員制度改革について
    1. 技術職の職員不足にどう対処していくのか。
    2. 専門職員の再任用を活用するとともに、職員の意識向上を図れる制度の導入を求める。

2013年9月17日 第3回定例会

【代表質問】

  • 自立都市せたがやについて
    1. 新基本構想に求める区長の決意・思いを問う。
  • 基本計画について
    1. 地域計画策定の必要性を問う。
    2. 自治権の拡充を問う。
    3. 外郭団体改革への取り組みを伺う。
    4. 新たな図書館機能の拡充を求める。
  • 本庁舎等整備計画について
    1. フルタイム再任用への動きを加速せよ。
    2. 新本庁舎の機能や性能、コスト、財源の確保を問う。
    3. 区民会館の位置づけをどう考えるのか。
    4. 世田谷総合支所の位置づけをどう考えるのか。
  • 新たな豪雨対策について
    1. 豪雨対策について都との具体的な取り組みを求める。
    2. 雨水貯留施設の整備を促進せよ。
  • 区立幼稚園の用途転換等計画について
    1. 幼児教育センター基本構想へ速やかに着手せよ。
    2. 施設の老朽化対策について具体的な対応を求める。
    3. 第3のほっとスクールの整備をどう考えるのか。
  • がん対策推進条例の制定について
    1. 保健センターへコンシェルジュ機能を付加せよ。
    2. 条例制定への見解を問う。
  • スポーツ施策の更なる推進について
    1. 大蔵総合運動場及び第2運動場の一体整備を問う。
    2. 教育効果についてどう考えるのか。
    3. 国際交流の推進を進めよ。
  • 空き家対策について
    1. 迷惑空き家、老朽空き家の定義をどう考えるか。
    2. 条例における調査、行使、代執行をどう確保するか。
  • 生活困窮者の自立支援について
    1. 自立支援モデル事業における目標値と成果を問う。
    2. 既存事業との融合性を問う。
  • 若者支援への取り組みについて
    1. 児童館における中高生の活動の場を検討せよ。
    2. 大型の若者活動拠点の整備を求める。
    3. ニーズ調査は区内全中高生を対象にせよ。
  • 子育て支援について
    1. 区立保育園の今後の民営化への道筋を問う。
    2. 小規模型子育てステーション整備へ着手せよ。
  • 新たな自治体間連携について
    1. 高齢者居住施策の区域外整備を検討せよ。

2013年3月7日 予算特別委員会

【企画総務領域質疑】

  • 自立都市せたがやについて
    1. 地方新税導入の検討など、たばこ税・酒税などブランド産で地元へ直接税が還元されること促進する制度を検討せよ。
    2. 施設の整備に応じた応益負担を明示し、利用料へ上乗せる税の見える化の概念を導入すべき。
  • 入札制度改革について
    1. 総合評価競争入札制度の見直しについて、地域貢献評価項目の内容を実態に合わせるべき。
    2. 業務委託履行評価制度の拡充とは具体に示せ。
    3. 官公需適格組合の活用は? 長期継続契約の推進はどう検討しているのかを示せ。
  • 公務員改革について
    1. フルタイム再任用への動きを加速せよ。

2013年3月6日 予算特別委員会

【総括質疑】

  • 本庁舎の建替えについて
    1. 来年度、建設準備会を設置し、具体的な検討に速やかに入るべき。建替えへ向けて区長の決断を求める。
  • 産業政策について
    1. 産業政策における戦略プラン、セールスプランをどう練り上げるのかを明示せよ。
  • 農業政策について
    1. 今後の農業戦略についてはどう考えるか。農業振興拠点の将来像を示せ。
    2. 以前より提案している「道の駅」構想の策定に本格的に着手すべき。
    3. 商店街再生へはどう立ち向かうのか。
  • 義務付け・枠付けの見直しと条例制定権の拡大について
    1. 国の地域主権への動きを絶好機と捉え、自立都市せたがやへ向けての機運を高めるべきと考えるが、区長の認識を問う。
2012年

2012年10月12日 決算特別委員会

【文教領域質疑】

  • 子どもの人権擁護の仕組みについて
    1. 子どもの人権擁護の仕組みイメージ、教育委員会の位置づけを問う。
  • 区立幼稚園のあり方について
    1. 区立幼稚園の存続若しくは区立幼稚園機能(2年保育)の存続を問う。
  • 3年保育への転換をどう考えるのか。
  • 要配慮児童への対応はどう考えるのか。
  • 幼児教育における質の向上を求める。
  • 施設の老朽化への対応を求める。

2012年10月11日 決算特別委員会

【都市整備領域質疑】

  • 自治体版CASBEEについて
    1. 自治体版CASBEE(建築環境総合性能評価システム)の導入を求める。
  • 用途地域等の都市計画決定権限の移譲について
    1. 世田谷区としての権限移譲についての今後の取り組み姿勢を問う。

2012年10月5日 決算特別委員会

【区民生活領域質疑】

  • 今後の農業公園のあり方について
    1. 平成27年度都市公園として供用予定へ向け、整備構想、管理運営について、現在の状況を問う。
  • 企業誘致に伴う地域活性化戦略について
    1. 企業誘致活動は地域雇用と税収入をもたらす有効な手法の一つ。区の確固たる戦略を問う。
  • 姉妹都市交流の新たな選定について
    1. 新たに東南アジア各国都市との姉妹都市締結を検討すべき。
    2. 区職員研修として相互都市間の人材交流の実施を求める。

2012年3月21日 予算特別委員会

【補充質疑】

  • 世田谷の自主権確立について
    1. 都市計画決定権限の移譲への働きかけを今後、どう推進していくのか。
    2. 準工業地域の保全について住工混在を防ぐ、工業地域の良好な操業環境の維持・保全を求める。
    3. 地区計画策定とまちづくり条例との整合性をどう確立させるのか。
  • 公有財産の活用について
    1. 旧三浦健康学園をはじめとする公有財産を柔軟な運用などで、戦略的な有効活用を見出すべき。

2012年3月12日 予算特別委員会

【区民生活領域質疑】

  • 新たな農業振興について
    1. 農地の保全も含めた農業振興策について問う。
    2. 農地保全方針にて取得した後、農業拠点整備への具体的な手順を問う。
  • 高齢者への起業支援について
    1. 就労支援の行っているシニアワークせたがやの実態を問う。
    2. 雇用を生み出す仕組みを創るべき。60歳以上の方への起業支援の本格的に展開すべき。
    3. 高齢者の方が起業しやすい融資制度も充実させるべき。
  • 新たな再生可能エネルギー社会への転換について
    1. PPSについての導入の道筋を問う。
    2. 世田谷区の地域特性に応じた新たな自然エネルギーへの転換についてどう考えるかを問う。
2011年

2011年10月13日 決算特別委員会

【都市整備領域質疑】

  • リノベーションについて
    1. 環境配慮を付加するメニューを揃え、条件満たす場合に助成制度を求める。
  • 雨水の問題について
    1. 降水量の多い年と少ない年の開きが拡大。変動幅は増大。いわゆる少雨化。更なる雨水活用を求める。
    2. みどりとみずの基本計画(案)に雨水利活用に向けた「つなぎ目」を明示せよ。

2011年10月4日 決算特別委員会

【総括質疑】

  • 地方自治体における公有資産(PRE)の活用戦略について
    1. 地区(旧出張所単位)は地域における福祉の中心軸として更に強化をすべき。
    2. 公共施設の統廃合、合築・複合化はどう取り組むのか。
    3. 新保育ママ制度の充実が不可欠。現状と今後の推進策を問う。
    4. 区立幼稚園の今後のあり方は?示された今後の方向性に対する具体像を示せ。
    5. 学校適正規模化、配置の進捗について偏在化解消へ加速度を増すべき。
    6. 「公会計の見直し」についての見解を問う。
  • 高齢者のベンチャー支援について

■2011年2月25日 第1回定例会 代表質問

  • 来年度予算編成について
  • 今後の地方議会のあり方について
  • 財政の見える化について
  • 高齢者施策の更なる展開について
  • 今後のセーフティネットのあり方について
  • 環境都市せたがやの実現へ向けて
  • 健康政策の更なる推進について
  • 保育待機児解消へ向けた今後の対策について
  • 公教育の復権について

    1. 少人数教育と学校適正規模化について
2010年

■2010年10月4日 決算特別委員会

  • 福祉保健領域質疑

    1. 児童虐待防止について

■2010年10月4日 決算特別委員会

  • 企画総務領域質疑

    1. 官公需適格組合の活用について
    2. コンバーションについて
      1. 建物用途転換すなわち再生へ向けた既存ストックの活用を求める
    3. ADR(裁判外紛争問題解決法)法について

■2010年10月1日 決算特別委員会

  • 総括質疑

    1. 自治体における広報戦略について(シティプロモーション)
    2. 新たな産業政策について
      1. 地域密着型ポイントカードシステムの導入を求める
    3. 高齢者の居場所(すまい)について
      1. せたがや版低所得高齢者専用賃貸住宅の実現へ向けて
      2. 都市型ケアハウス(軽費老人ホーム)
    4. 子育て支援マンションについて

■2010年3月24日 予算特別委員会

  • 補充質疑

    1. 都営成城8丁目団地事業計画について
    2. 畦畔について
    3. 都立梅ヶ丘病院跡地について
    4. 高齢者専用賃貸住宅について

■2010年3月17日 予算特別委員会

  • 小水力発電の推進について

    1. モデル事業を実施すべき(谷戸川)
  • 環境配慮型のまちづくりについて

    1. リノベーションやコンバージョンによる再生

■2010年3月15日 予算特別委員会

  • 福祉保健領域質疑

    1. 身体障害者補助犬法について

■2010年6月9日 第2回定例会 代表質問

  • 緊急経済対策について
  • 予防型行政の主導について

    1. 高がん検診無料クーポン事業の継続を求める
    2. ワクチンの公費助成を求める
  • 保育サービス施設の整備について

    1. 認証保育所への更なる支援を求める
  • 高齢者の見守りネットワークについて

    1. 地区における見守り体制づくりの早期着手を求める
  • 都市の高齢化に備える「すまい」について

    1. 区内UR賃貸住宅への維持を求める
    2. 高齢者専用賃貸住宅の実現へ向けての取り組みを問う
  • 映像コンテンツによる地域活性の可能性と展望について

    1. 広報戦略セクションの創設を問う
    2. シニア世代の活用策を求める
    3. 住環境と準工業地域の維持保全との調和を問う
  • 幼児教育の確立について

    1. 幼児教育センター機能確立へ向けた市民会議の発足を求める
  • 公契約のあり方について

    1. 公契約条例制定へ向けた取り組みを求める
  • 地球温暖化対策に向けた地域の取り組みについて

    1. 自治体独自の更なる温暖化対策を問う
    2. 公共施設における環境指標の可視化を問
2009年

■2009年9月16日 第3回定例会 代表質問

  • 世田谷の福祉再構築について

    1. 高齢者の見守りネットワークの構築
    2. 都立梅ヶ丘病院跡地を利活用した保健・医療・福祉の拠点整備
  • 緊急雇用対策並びに追加緊急経済対策について

    1. 区内産業の育成と維持
    2. 介護職員の待遇改善など事業者支援
  • 公益法人改革について

    1. 外郭団体の業務改善
  • 教育問題について

    1. 区立小学校教職員の精神疾患対策
    2. ICT教育環境の確立
  • 子育て支援について

    1. 保育待機児解消への取り組み
    2. 学童クラブでの配慮を要する児童の受入れ期間延長
  • 総合的な都市農業の振興について

    1. 新規参入企業と連携した都市農業の推進
  • ネクスト・パンデミックについて

    1. パンデミック対策の具体的な実践手順

■平成21年予算特別委員会

■平成20年予算特別委員会

  • 2008年3月13日(木) 予算特別委員会・区民生活領域
    1. 都市農地の保全と都市農業の推進について
      1. 1)水田の再生
      2. 2)輸出への取り組み
    2. 企業内託児所の支援について
  • 2008年3月24日(月) 予算特別委員会・補充質疑
    1. チャイルド・ファースト社会構築について
      1. 1)保育待機児解消へ向けた多角的な取り組み
    2. 総合的な環境施策について

■平成19年予算特別委員会

  • 2007年3月19日(月) 福祉保健委員会所管分質疑
  • 2007年3月14日(水) 企画総務委員会所管分質疑

■平成19年第1回定例会

  • 2007年3月2日(金) 一般質問
    1. 水環境の保全・創出(その10 まとめ)について
    2. 循環型社会形成推進交付金について
    3. 食料自給率について

■平成18年第4回定例会

  • 2006年11月30日(木) 一般質問
    1. FM(ファシリティマネジメント)手法の導入について
    2. 「食べ残し」について
    3. 水環境の保全・創出(その9)について

■平成18年決算特別委員会

  • 2006年10月13日(金) 文教委員会所管分質疑
  • 2006年10月10日(火) 福祉保健委員会所管分質疑

■平成18年第3回定例会

  • 2006年9月21日(木) 一般質問
    1. 水環境の保全・創出(その8)について
    2. 再生可能エネルギーの利用拡大について
    3. 障害のある児童・生徒の教育について
※映像を再生するにはReal Playerが必要です。公式サイトからダウンロードできます。

区議会第4回定例会 一般質問

2006年11月10日

1)ファシリティマネジメント手法の導入について

  1. 公共経営におけるファシリティマネジメントについて
  2. ライフサイクルコストや公有財産の利活用の推進の観点から自治体におけるファシリティマネジメントの導入を検討すべきではないか?

2)「食べ残し」について

  1. 区内の食品廃棄の現状について認識を示せ。
  2. 区内の食品関連企業の取り組みと区の意識啓発の現状はどうなっているのか?
  3. 区内の小中学校の食べ残しに対する取り組み状況はどうなっているのか?

3)世田谷区の水環境の保全・創出(その9)について

  1. 区内の河川景観における形成・保全について庁内体系はどうなっているのか?
  2. 区内の河川や水路の実体調査をし、基礎知識を深め基礎データを整理統合して早急に把握することが重要ではないか?
  3. 「みどりとみずの政策担当部」の来年度以降における「水循環」に関する相対的施策を明示せよ。

区議会第3回定例会 一般質問

2006年9月21日

1)世田谷区の水環境の保全・創出(その8)について

  1. 地下水面図の作成や地下浸透率などの検証を開始せよ。
  2. 地下水の役割を正確に把握した上で、その活用法を検討せよ。

2)再生可能エネルギーの利用拡大について

  1. 現在のエネルギー消費の見直しや削減計画、目標達成に向けた具体的な施策の方向と展開を示せ。

3)障害のある児童・生徒の教育について

  1. 心身障害学級設置の地域バランスの是正について見解を示せ。
  2. 特別支援教育コーディネーターの現状と課題について見解を示せ。
  3. 配慮を要する自動生徒の修学後のケアについて見解を示せ。

区議会第2回定例会 一般質問

2006年6月8日

1)障害者雇用施策の推進について

  1. 社会の変化に連動した障害者雇用施策を推進せよ。
  2. 福祉的就労から一般的就労への移行の取り組みを示せ。
  3. 福祉と雇用の連携推進のために国の実施事業をどう活用するのか。

2)世田谷ブランドアップの地域拠点機能について

  1. 全国的に高い評価を受けている「道の駅」を参考に世田谷版「まちの駅」実現へ向けた調査・研究に早急に取り組め。

3)住民基本台帳カードの利活用について

  1. 現在までの交付数と導入目的は達成できたのか。
  2. 様々な行政サービスへの活用を展開し、利用価値を高め、交付数を上げよ。

区民生活領域質疑

2006年3月16日

1)ロハス(LOHAS)市場について

  1. ロハス志向層の現状の認識を伺う。
  2. (仮称)環境行動指針におけるLOHAS認定の具体的な指針を示せ。

2)強い農業づくりについて

  1. 都市農業の現状課題についての認識を伺う。
  2. 国の農業政策が大きく改正されたが、区として整備事業に活用できるのか。
  3. 4月スタートの「産業政策部」における農業施策を示せ。
  4. 体験農園の今後の展開を示せ。
  5. 区内における地産地消を具体的に推進せよ。
  6. 環境こだわり農業としてロハス志向を導入した区のブランド認証を導入せよ。

予算特別委員会 企画総務領域質疑問

2006年3月14日

1)入札制度の今後の課題について

  1. ダンピング予防の最低制限価格設定案件を拡大せよ。
  2. 低入札調査基準価格の実効性を確保せよ。
  3. 実態のない区内業者を水際で予防せよ。

2)自治体シンクタンクについて

  1. 自治体シンクタンクの構想を示せ。
  2. 権限の付与や人材の配置はどう考えるのか。
  3. 機関委任事務の打破を目指せ。
  4. 市区町村や都道府県の枠組みを超えた視点を入れよ。
  5. 柔軟な政策立案の手法を導入せよ。
  6. 区として一元的なシンクタンクに構築せよ。

第一回区議会定例会 一般質問

2006年3月3日

1)水環境の保全・創出(その7)について

  1. 水資源の歴史的遺構の保全・継承策の検討を踏まえ、今後の取り組みを示せ。
  2. 水資源と水環境を一元的に捉え、横断的な庁内体制を推進せよ。

2)都市景観の形成について

  1. 風景づくりや色彩基準を具体的に示せ。
  2. 都市計画や地区計画の住民参加型提案制度の支援体制を推進せよ。
  3. まちづくり交付金を地域の景観づくりに活用せよ。

3)建築確認審査について

  1. 公共施設の計画通知手続きにおける安全性を示せ(構造計算書添付の義務付け)
  2. 指定確認検査機関へ自治体としての対応の強化を示せ。